名義変更の基本的なこと/離婚の名義変更の話

土地・建物の名義変更

不動産の名義変更をされる方へ

売買・贈与・相続などによって不動産の所有者が変わるときは、名義変更を行います。そして名義変更を行うためには、その理由を説明する書類(売買契約書・贈与証明書・遺産分割協議書など)が必要です。インターネットや書籍で勉強をして、ご自身で書類を作成することはできますが、法的な解釈や不動産の専門用語なども必要とされるため、そこまで加味して今の自分の状況に合致した書類を作成するのは非常に困難であると言わざるを得ません。不動産は価格が高く、失敗は許されません。将来のためにも、ぜひ法律の専門家でもあり不動産の専門家でもある当事務所へご相談頂ければと思います。

名義変更を保留している方へ

名義変更を完了させないと、その土地や建物の所有者が曖昧になり、時間が経てば経つほどトラブルが起きやすくなっていきます。遺産分割協議がまとまっていない場合や、関係者が非協力的で進まない場合、そして面倒で放置している場合には、お早めに名義変更をされることをお勧めします。なお、遺産分割協議など相続関係の話し合いで滞っている場合には、その点も含めて当事務所へ一括でご相談頂くことができます。

契約の仲介もします

通常、売買契約をするときは、売り主はお金を支払ってもらってから不動産の書類を渡したいと思っていますし、買い主は書類を先に渡してもらわないとお金は支払えないと思っています。こういったケースでは、司法書士が間に入って権利書をお預かりし、先にお金を支払って頂いた上で司法書士から新しい所有者へ権利書をお渡しするなど、スムーズかつトラブルにならない契約のサポートも行っています。特に、知人や親族同士で契約するときはトラブルになりやすいため、必ず司法書士と一緒に進めていくようにしましょう。

離婚の際の不動産名義変更

財産分与の考え方

離婚するときは、婚姻中に築いた財産(共有財産)を分けることになります。現金のみであれば話は簡単なのですが、家や土地などの不動産も共有財産に含まれている場合は、少し話が複雑になります。不動産は価値を算定した上で、財産分与の対処として扱うことになりますが、もちろん家や土地を分けるわけではなく、2人で所有していたものをどちらか片方に移転させることになります。このとき、必要になるのが「名義変更」です。これをスムーズに、そして後々揉めないように確実に処理するためには、専門家に依頼されるのがお勧めです。当事務所は、これまでに多くの不動産名義変更に関わってきた実績を持っており、お客さんごとのご事情に合わせて適切な方法で進めさせて頂きます。

離婚時の名義変更の流れ

1離婚の合意

2財産分与など、離婚条件の確認

離婚には、財産分与だけでなく、慰謝料・養育費など、お金に関する様々な取り決めをしておく必要があります。

3税金の確認

不相当な財産分与でなければ贈与税は発生しないことがほとんどですが、不動産を受け取る側には不動産取得税が、渡す側には譲渡所得税が発生しますので、その額まで含めて財産分与の詳細を決めておくようにしましょう。

4法的な手続き

財産分与の公正証書作成と、不動産の登記名義の変更手続きを行います。後で揉めないためにも、どちらも確実に行うようにしましょう。ただし、ご自身で実施されるケースでは、法律上の有効性が認められないことがあったり、漏れがあったりすることも多いため、司法書士に依頼されることをお勧めします。不動産の名義変更だけでなく、離婚に関する各種条件の確定や手続きも、併せてご相談ください。

予約