離婚の名義変更入門

離婚の際の不動産名義変更

財産分与の考え方

離婚するときは、婚姻中に築いた財産(共有財産)を分けることになります。現金のみであれば話は簡単なのですが、家や土地などの不動産も共有財産に含まれている場合は、少し話が複雑になります。不動産は価値を算定した上で、財産分与の対処として扱うことになりますが、もちろん家や土地を分けるわけではなく、2人で所有していたものをどちらか片方に移転させることになります。このとき、必要になるのが「名義変更」です。これをスムーズに、そして後々揉めないように確実に処理するためには、専門家に依頼されるのがお勧めです。当事務所は、これまでに多くの不動産名義変更に関わってきた実績を持っており、お客さんごとのご事情に合わせて適切な方法で進めさせて頂きます。

財産分与の対象不動産に住宅ローン等がある場合

自宅は住宅ローンを組んで買う方がほとんどです。離婚をするケースの多くはローンを返済している途中で起きてしまいます。その場合、名義の変更やローンの支払いはどのように考えればよいのでしょうか?

 

ローンの支払い義務者(債務者)と所有者が一致すれば問題ないですが、そうではない場合、例えば、夫が住宅ローン債務者兼所有者の状態で離婚をする場合、夫が家を出て、財産分与で妻へ自宅を渡し、この親権も妻といして子供と一緒に今まで通りの生活を送る。よくあるパターンだと思いますが、どうなるのでしょうか?夫は、所有権を財産分与で失い、債務者として住宅ローンを支払い続けるのでしょうか?

銀行にしてみれば離婚のことはまったく関係ないので、簡単に債務者を妻に変更することはしません。妻の収入や勤続年数など審査を普通に行うと思います。一方、債務者を夫のままとしても、将来夫が会社を退職するなど収入が不安定になったら、自分が住んでいない家のローンを払い続けてくれるでしょうか?もし、支払が遅れれば、家は強制的に競売で売却されるかもしれないのです。

 

実は、このように単純に財産分与で名義を変更するだけでは片づけられないこともあり、いろいろな問題を考慮して考える必要があるのです。法律の知識だけでもダメなのです。特に紛争性が表面化していない段階であれば、司法書士などの専門家が間に入ることでお互いに安心をして話し合いが進むことも考えられます。司法書士は、法律と名義変更の専門家ですので、このような案件には最適です。

 

当事務所でも、元銀行員の経験を生かして司法書士が最適なアドバイスをご提供いたします。
ご不安な点がございましたらお気軽にご相談下さい。

 

離婚時の名義変更の流れ

1離婚の合意

2財産分与など、離婚条件の確認

離婚には、財産分与だけでなく、慰謝料・養育費など、お金に関する様々な取り決めをしておく必要があります。

3税金の確認

不相当な財産分与でなければ贈与税は発生しないことがほとんどですが、不動産を受け取る側には不動産取得税が、渡す側には譲渡所得税が発生しますので、その額まで含めて財産分与の詳細を決めておくようにしましょう。

4法的な手続き

財産分与の公正証書作成と、不動産の登記名義の変更手続きを行います。後で揉めないためにも、どちらも確実に行うようにしましょう。ただし、ご自身で実施されるケースでは、法律上の有効性が認められないことがあったり、漏れがあったりすることも多いため、司法書士に依頼されることをお勧めします。不動産の名義変更だけでなく、離婚に関する各種条件の確定や手続きも、併せてご相談ください。

養育費とは

養育費とはいったいどのような費用のことを言うのでしょうか?

離婚をしたからといっても、親子関係が切れるわけではありません。たとえどちらか一方が親権者となり、子供を養育する形になったとしても、子供に対して親は自分と同じ水準の生活ををさせる義務があるのです。いわゆる扶養義務です。親子の扶養義務は、「生活保持義務」といって通常の扶養義務より強い義務と言われています。

養育費とは、具体的には、衣食住にかかる費用や教育費、医療費などが当たります。

 

では、どのように養育費の金額は決めるのでしょうか?

基本的には、父と母の話し合いで決めます。通常は決定した内容を書面にしておきます。できれば公証役場で公正証書として作るのがいいでしょう。養育費の支払いは、長く続くことが多いので、その過程で病気など予期せぬ事態も生じます。一度決めた養育費は変更することが可能です。なお、裁判所でも参考にしている基準となる「算定表」があり、実務上は、そちらに基づいて金額を決定することが多いと思います。

 

養育費の取り決めは、話し合いで解決できなければ、裁判所の手続きを利用するしかありません。離婚の合意や財産分与だけでなく、長く続く子供の将来の為にも、焦らないで養育費についても話し合いましょう。

 

予約