不動産登記について

不動産の「登記」とは

不動産の情報は、法務省が管理しており、所在地・所有者の氏名・面積などを、誰でも閲覧することができます。これを「登記情報」と呼んでおり、ここに登記されているかどうかで、実質的な所有権が推定されることになります。そのため、不動産の売買や譲渡をする場合は、きちんと登記をして、自分の建物・土地であることを明確にしておくことが重要です。登記がきちんとされていないと、様々な取引において支障が出たりトラブルの元になったりします。新しく不動産を所有する予定の方は、お早めに当事務所までご相談ください。

なぜ司法書士に依頼するのか

不動産の登記は、ご自身でやろうと思えばできなくもありません。ただし、きちんと法的に有効な書類を揃えて、かつ将来のトラブルまで見越して手続きを進めていくためには、やはり不動産登記のプロである司法書士に依頼されることをお勧めします。また、登記をするためには、平日の昼間に法務局に行かなければならず、手間やストレスを感じて途中から依頼される方もいらっしゃいます。自分でやろうか迷われている方も、まずは無料相談へお越し頂ければと思います。(もちろん、無理な勧誘はいたしませんのでご安心ください)

不動産登記に関するトラブル

不動産は、登記をしていないとその権利を主張できないと民法で定められており、「まあいいや」「後にしよう」と思っているうちに、誰か他の人が登記を済ませてしまうことがあります。そのため、新たに不動産を所有することになったら、速やかに登記を行わなければなりません。さらに、書類に不備があるとそれだけで遅れが出て、他の人に登記されてしまうリスクが増えます。不動産の契約をするときは、確実に空白の日が出ないように登記を完了することが重要で、私たち司法書士はそのお手伝いをさせて頂いております。特に不動産会社を通さずに個人間で売買・譲渡をするときにはトラブルがつきものですので、ぜひ当事務所へご相談ください。

予約