不動産売却について

不動産の売却を検討している方へ

新しい不動産を購入するため、相続した不動産を現金化するため、借金を返済するため・・・様々な理由で不動産を売却するケースがありますが、実は「売ろうと思ったけど売れなかった」「買い主との間でトラブルが発生した」ということが多々あります。当事務所は法律と不動産の専門家として、不動産売却のサポートをさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

不動産仲介業者の存在意義とは

不動産を売る時には、一般的には不動産仲介業者が必要だと言われます。

 

間違っていません。ただし、本当にお役に立てる仲介業者が必要だと考えています。現代の買主の方は、昔のように不動産会社に足を運んで物件情報を得ません。インターネットで情報を集めます。またそういったことを可能にするインターネット環境が整いつつあります。つまり、かつてのように特定の不動産会社だけが持つ物件情報は原則ありません。また、これも誤解の多い点ですが、仲介業者は、売主と買主で別の会社になってもまったく問題ないのです。逆にその方が売主と買主の双方の利益を守れることも多く、本来の姿かもしれません。売主と買主は必ずしも利害が一致しません。例えば、売主は高く売りたいが、買主は安く買いたいんですから。

 

単に物件情報を持っている仲介業者ではなく、信頼できる仲介業者を選ぶ時代です。インターネットの出現で単純な情報自体に価値はなくなりました。「この物件を買いたいけど、あの人なら安心して仲介を任せられるからあの人にお願いしたい」とか「この物件を売りたいけど、あの人なら納得にいくように進めてくれる」など、「物件情報」ではなく、「人」で仲介業者を選べるのです。しかも、売主と買主それぞれの立場で自由に。

 

昔を知る方であれば、不動産会社に入ったら、買うと言うまで外に出られないのではないかというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。そういう意味では今は透明性が高まり、売主の方や買主の方にとってやりやすい時代です。この流れを最大限生かさない手はありません。

 

では、そうなると仲介業者は何のために必要なのでしょうか。そこに仲介業者の選び方の答えがあると思います。

 

その部分で当事務所はお役に立てると思います。
司法書士としての法律や登記手続きの知識や経験、不動産仲介会社としての不動産取引の知識や経験、これをひとりの司法書士が併せ持つことで他にはないサービスを可能にします。クリーンで透明性の高い、「ひとつ上の安心できる不動産取引」を提供することができるのです。

 

不動産を売却する際の注意点

自分の名義になっていますか?

亡くなった方のままの名義や、贈与してくれた方の名義のままになっている場合は、売却することができません。まずは名義変更を済ませましょう。

住所は最新の情報になっていますか?

町名や番地などが変更されていることがあります。最新の情報に修正する必要があります。

売ることが可能な状態ですか?

住宅ローンの担保になっている不動産や、差押えされている不動産は、売却することができません。

そのまま使える状態になっていますか?

土地に資産価値のない建物がある場合は、取り壊すかその分の費用を負担する必要があります。

税金のことまで考えていますか?

不動産売却によって得られた所得に対しては、「譲渡所得税」と呼ばれる税金がかかることがあります。当事務所では、提携している税理士の紹介もしておりますので、併せてご相談頂ければと思います。

土地の測量はできていますか?

土地の面積を正確に把握するためには、土地の測量をし、境界に杭があるなど、領域が明確になっていなければなりません。

敷地権はついていますか?

マンションのような集合住宅では、専有部分(建物の一室)とその建物が建っている敷地の利用権が一体化しており、これを敷地権と言います。古いマンションの場合は敷地権がついていないこともありますので、事前に確認しましょう。

予約