不動産売買の流れ

不動産の購入をするときの流れ

1希望する条件や予算を決める

エリア・広さ・向き・周辺環境などを決めておき、予算についても目安を考えておきます。

2不動産仲介業者に依頼する

当事務所は、不動産仲介業を行う会社を併設しています。ぜひご依頼頂ければと思います。この時点では、営業活動としての依頼(物件探しをする依頼)ですので、正式に売買の依頼をしているわけではありません。

3媒介契約を結ぶ

購入したい土地や建物が見つかりましたら、その不動産を売買する仲介を依頼するための「媒介契約」を、不動産仲介業者と正式に結びます。

4売買契約を結ぶ

今度は、その不動産の売り手と「売買契約」を結びます。その手続きは不動産仲介業者が間に入って行ってくれます。

5代金の支払い、不動産の引き渡し

代金を支払うと、購入した不動産が引き渡されます。速やかに登記を済ませるようにしましょう。

不動産の売却をするときの流れ

1売却できる状態かどうかチェックする

土地や建物を売却するためには、登記簿に不備がないなどの条件があります。
詳細はこちらをご覧ください。>>不動産売買について>>不動産を売却する際の注意点

2売却条件を決める

価格を始めとする、各種売却条件の目安を決めておきます。

3不動産仲介業者に依頼する

土地や建物を買ってくれる人を探すために、不動産仲介業者に依頼します。

4媒介契約を結ぶ

売り出している不動産の購入を希望する人が現れたら、売買の仲介を正式に依頼するための「媒介契約」を不動産仲介業者と結びます。

5売買契約を結ぶ

不動産仲介業者を通して、買い主との間に売買契約を締結します。

6代金の支払い、不動産の引き渡し

代金の支払いを確認して、その後、買い主に土地が引き渡されます。

予約