名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

不動産売買をする時のトラブルや必要書類

不動産に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

不動産売買にありがちなトラブルとその対策法について

不動産売買にありがちなトラブルとその対策法について

 

不動産を売買する際、できれば何のトラブルもなく穏便にスムーズに売買を済ませたいと思いますよね。

うまくトラブルを回避して不動産の売買を済ませるためには、あらかじめありがちなトラブルについて把握しておくことが大切です。

ひどい場合には詐欺に巻き込まれてしまうこともあるので、トラブルに遭った時のためにいくつか対処法を知っておくことも大切です。

そこで今回は、不動産の売買におけるありがちなトラブルをまとめました。

 

不動産売買でありがちなトラブル

*仲介業者とのトラブル

不動産売買を巡るトラブルでは、仲介手数料に関するものが目立ちます。

基本的に不動産売買では業者が仲介をしてスムーズに契約が行われるようにするものです。

その際に発生するのが仲介手数料ですが、法律で仲介手数料の上限が決まっており、この上限いっぱいを支払わせようとする業者が多いです。

一方で仲介手数料を安くする代わりに、コンサルタント料のように別の名目で料金を請求しようとする業者もおり、もめやすくなっています。

対策法は仲介手数料に関するルールをはっきりと提示してもらい、了解した上で契約を結ぶことです。

 

*土地を巡るトラブル

一戸建てなどを建てる際には土地が必要ですが、この土地を巡るトラブルも多いです。

特に多いのが境界を巡るトラブルであり、地方部に行くほどその数は増えます。

その理由は、地方に行くほど境界をあいまいにして過ごしているという部分があるためです。

都会では土地が狭い分どこが境界かをはっきりさせることは死活問題であり、財産に大きな影響を与える部分なので基本的にはきっちりしていることが多いですが、地方部はあまりそのあたりは細かく決めていないことがほとんどです。

境界を確定させてからでないと売れないので、まずは確定した状態にすることが必要です。

 

*規約を巡るトラブル

マンションを中心にあるトラブルは管理規約の説明不足です。

ペットを飼えると聞いていたのに実際は飼えないとか、布団を干そうとしたが干すことが禁止されているなど、管理規約を見なかったがために、実は禁止されていた項目を知らず知らずのうちに行なって、結果的に周辺住人とトラブルになったということがよく聞かれます。

この場合は購入前に管理規約をくまなくチェックするしかなく、後になって気づきペットを泣く泣く人に譲るような展開だけは避けたいところです。

規約のことを積極的に伝えようとしない業者もいるので、必ず自らチェックをしておかないといけません。

 

*住宅ローンを巡るトラブル

人によっては勢いで不動産売買をしようとし住宅ローンを組んで購入しようとする人がいます。

この時に何の審査もしないでいきなり買おうとし、契約してから審査で落とされてしまって契約をなしにしようともめてしまうことがあります。

住宅ローンを組んで不動産売買をする場合には、実際にローンの事前審査を受けてから契約をすることが一番の対策です。

 

まとめ

今回は不動産の売買について、よくあるトラブルをご紹介しました。

あらかじめどういったトラブルがあるのかを把握しておくだけで、実際に不動産の売買を行う際にトラブルを回避しやすくなります。

ぜひ今回ご紹介した内容に気をつけて、満足のいく不動産の売買を行なってみてください。

 

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

不動産売買の前には必要書類を揃えておきましょう!

不動産売買の前には必要書類を揃えておきましょう!

 

不動産を売却する際には、スムーズな手続きが肝心になります。

契約項目が多岐に及ぶため、予め備えておくことが大事です。

それは土地を購入をする際にも、当てはまることです。

そこで今回は、不動産を売買する際の必要書類についてご紹介します。

 

必要書類について

*必要書類における注意点

不動産売却に必要な書類としては売り主に関する書類をはじめ、土地に関する書類や建物に関するものが挙げられます。

必要書類は戸建てやマンションなど、物件の種類によっても異なります。

ただし基本的な書類に関しては共通しており、準備するのも難しくありません。

購入側にとっては、物件の情報や権利関係などは肝心な情報です。

こうした情報に関しては、早めに開示しておくのが大事だと言えます。

場合によっては、現物を購入側に見せることも必要になります。

 

不動産売買で必要になる書類としては身分証明書や実印、印鑑証明書や住民票など売却者本人の確認書類です。

物件が共有名義となっていれば、共有者全員分の確認書類が必要になります。

特に相続物件に関しては、共有者が遠方に住んでいることがよくあります。

確認書類を揃えるのに時間を要することがあるので、早めに準備しておくことが大事です。

また、特に印鑑証明は有効期限があるので、注意が必要です。

 

*主な必要書類

土地を売却する際に必要な主な書類は以下の通りです。

 

売主の場合

・印鑑証明書

・実印

・登記謄本

・権利書

・固定資産税納税通知書

・建築確認済書

・固定資産税評価証明書

・本人確認書類

・住民票

・委任状

 

買主の場合

・住民票

・実印

・印鑑証明証

・委任状

 

委任状については、不動産の売買において司法書士のような仲介者を挟む場合に必要です。

この他にも書類が必要な場合があります。

必ず事前に何が必要なのかを調べておいてください。

契約間近になって慌てて用意すると、思わぬ見落としをする可能性があるからです。

契約書に不備があると、売却先となる相手にも迷惑がかかる恐れがあります。

必要書類のチェックリストを使って、期日までに書類を揃えることが肝心だと言えます。

 

まとめ

今回は不動産の売買について必要書類をご紹介しました。

少しでも参考になるような内容をお伝えできたなら幸いです。

不動産を売買する際には、仲介業者を利用するかどうかでも揃えるべき書類が変化するとお伝えしました。

よりスムーズに不動産の売買を行うためには、時間的に余裕を持って必要書類を揃えることが大事です。

 

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。