名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続手続きが面倒な4つの理由

相続手続きが面倒な4つの理由についてご紹介します。

戸籍などの必要書類を集めるのに時間がかかる

不動産や預貯金などの相続手続きをするには、必要な書類があります。代表的な書類は戸籍です。

戸籍は、本籍地を管轄する市区町村で交付されますが、本籍地の変更などによりいくつもの役所にまたがって請求をしていかなければいけないことがあります。郵送で請求するにも準備が面倒だったりもします。

必要な書類や取得方法を調べて、手元に揃えるまでに多くの時間を要することがあるのです。

また、戸籍などの不慣れな書類を読み解いて次の必要な戸籍をたどっていくなど、地道でコツコツした作業をしなくてはいけません。戸籍集めだけで2~3か月かかることもあります。

遺産分割協議書などの必要書類を作成するのが大変

相続手続きには、必要書類を集めること以外にも、必要書類の作成が必要です。自分で作成しなくてはいけません。

代表的なものは遺産分割協議書です。

相続人全員の合意書である遺産分割協議書は、相続で何か起こればよりどころになる重要な書面です。法律上有効でトラブルのない書面にしなくてはいけません。

その他にも、不動産の相続手続きでは、必要書類が揃わない場合に代わりに法務局に提出する申述書・上申書のようなものも作成が必要なケースがあります。

すべてが雛形やマニュアルをそのまま使えるわけではありません。ご自身の相続に合うようにカスタマイズする必要があるので注意が必要です。

相談するにも時間がかかる

通常、相続手続きをするには、誰かに相談をしなくてはできなことが多いと思います。インターネット等の情報だけでは完璧な情報を得ることは難しいでしょう。

特に不動産の相続手続きでは、実際に登記申請書を作成し、添付書類を揃えて、かつ、登録免許税の計算までを相続人でしなくてはいけません。

これらをすべて完璧に整えるのは結構大変なことです。

一般的には、何度か不動産を管轄する法務局に足を運んで、相談を受けなくては登記申請まで持っていくことは難しいと思われます。管轄の法務局が近くにあるとは限りませんので、遠方の場合は注意しましょう。

平日は仕事等で忙しく時間がとれない

一から相続の勉強をしたり、情報を集めたり、相続手続きの準備をしたりするのは、大変です。
また、実際に窓口に相続手続きに行くときは、多くの場合平日の昼間になります。

例えば、不動産の相続手続きをする法務局は、基本的に土日祝や平日の営業時間外はやっていません。平日に何度か休みがとれないとなかなか手続きを進めることは難しい場合が多いのです。

会社勤めの方や日々忙しい方にとっては、とても大変な作業になります。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。