名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

不動産登記とは?/不動産の個人間売買

不動産に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

不動産登記っていったい何をすればいいの?わかりやすく解説!

不動産登記っていったい何をすればいいの?わかりやすく解説!

 

不動産登記は自分にとって関係のないことだと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、何らかの原因で土地や建物などを手に入れたり、手放したりすることがあります。

今家や土地を持っている方はそれを手放す可能性もあるでしょうし、特に持っていない方もこれから購入したり、相続したりといった形で手に入れることも考えられるのです。

そのため不動産登記とは、多くの人にとって無関係とは言えない問題です。

 

不動産登記って何?

*不動産登記の役割

不動産登記についてわかりやすく言うのであれば、所有物に名前を書くようなイメージです。

学校で持ち物に名前を書くよう指導された経験がある方も多いのではないでしょうか。

誰の持ち物かをきちんと示しておくことで、例えば紛失や盗難のトラブルを防ぐことが出来るというメリットがあります。

不動産登記はそれと同じような働きをするものなのです。

登記記録に現在の持ち主を記録しておくことによって、誰に権利があるのかを多くの人に知らせることができます。

そのためトラブルを減らすことが出来るようになります。

 

土地や建物といった不動産は価値の高いものが多いです。

そのため、巻き込まれるトラブルも大きなものとなってきます。

持ち主をきちんと確認しておかないと、大金を払って購入したはずなのに自分のものにならないことも起こりうるのです。

持ち主は権利書と言われるものや、それが数字の羅列になった識別情報を持っています。

それを売却の際の登記で申請書に添付することによって、売る意思があることと本人であることを確認することが出来るのです。

 

手続きの仕方

手続きの仕方としては、申請書を作成して、必要書類を添付して、印紙の料金を払った上で申請します。

最近は電子で申請をする方法もあります。

どのような書類が必要になるのかはその事例によって異なります。

相続の場合と売買の場合でも違いが出てきます。

不動産の所有権が移動する際には必要な手続きで、こうした細かい手続きに必要なことをその都度調べていくことは大変なことでもあります。

間違えば大きな損失につながるかもしれないので、手続きは慎重に行いましょう。

 

不安な場合は司法書士に相談を

不動産の登記を行う際は、その専門性の高さから登記の専門家である司法書士に依頼する方が多いです。

大きな価値のあるものだからこそ確実に行っていきたい手続きです。

より確実に手続きを済ませるためには、専門家へ依頼することは重要なポイントかもしれません。

手続きは難しいことが多く、不安になることも多いです。

その点でいうと、司法書士の手助けを借りれば分かりやすく説明してくれるのでより安心して手続きを進められます。

 

まとめ

今回は不動産の登記についてわかりやすく説明をしました。

「少しでも登記について知ることができた」と思っていただければ幸いです。

 

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

不動産の個人間売買には何が必要?名古屋市の司法書士がご紹介します!

不動産の個人間売買には何が必要?名古屋市の司法書士がご紹介します!

 

不動産の個人間売買をすることは滅多にないことだと思います。
だからこそ、実際にそのような機会にどうすれば良いのか悩んでしまう方も多のではないでしょうか。
不動産の売買は複雑な法律や税金の処理をしなければいけません。
そのため、多くの方が個人間売買で頭を抱えることがあるようです。
そうした方へ向けて、今回は不動産の個人間売買を行う際に何が必要なのか、気を付けるべき点は何かをお伝えします。


 
不動産の個人間売買とは
仕事で不動産を取り扱っている人ではなく、個人で不動産を売買したい方は基本的に不動産会社に依頼をすることになります。
自分の希望の条件に近い形で取引してくれる相手を探すためには、不動産の取引を専門とする業者に任せて、流通機構に登録してもらうことが効率的です。 
また、取引相手が決まっている場合でも、実際に契約を結ぶ場面では、色々な取り決めを行わなければなりません。
その契約は、司法書士や不動産会社に間に入ってもらった方がスムーズで、より後悔しない契約を結ぶことができます。
流れとしては、媒介契約、取引相手探し、売買契約、契約の履行、登記という流れになります。

 

不動産の売買契約とは

不動産の売買契約にはその不動産の資料が必要です。
場合によっては、不動産の測量が必要になるケースもあります。
契約書とは、契約時のみに当事者間で満足できる契約にするためのものではなく、後でトラブルが起こった際に、双方が納得できる形で終わらせることができるようにする目的も含まれています。
契約の履行が完了した後に「契約書があってよかった」と感じる事態が起きる場合もあります。

 

不動産登記とは
不動産登記は、法務局が管理する不動産の情報に、自分が所有する旨をきちんと記載して、誰が見ても分かるようにすることが目的です。
これを怠ってしまうと、誰かが
「この不動産は私が買ったので私のものだ。」
と言って現れても、対抗できなくなってしまいます。

「不動産の登記は自分でできる。」
という方の中にも、手続きが面倒で先延ばしにしてしまう方がいらっしゃいます。
手続きが面倒であれば、司法書士に依頼することができます。
契約の履行(売買代金の支払い)と同時に法務局への登記申請を代わりに行ってくれるので、より安心して売買取引ができます。

 

まとめ
本日は、不動産の個人売買を行う際に何が必要か、気を付けるべき点は何かについてお伝えしました。
個人売買の際は、できる限り慎重に、不安要素をなくすことを意識して、満足のいく売買を行えるようにすることをおすすめします。

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。