名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

個人間売買や売買契約のポイント

不動産に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

不動産の個人売買の注意点と司法書士に相談するメリット|名古屋の司法書士が解説

不動産の個人売買の注意点と司法書士に相談するメリット|名古屋の司法書士が解説

 

不動産売却を検討中の方の中には、不動産売却に関して詳しくは知らないが、仲介業者などに依頼せず不動産の売買を成功させたいと考えている方もいらっしゃると思います。
不動産売却に関しての知識は難しく専門的なものなので、一般の方が対処するのは困難です。
特に、個人売買の場合は注意すべき点がたくさんあります。
そこで今回は、不動産の個人売買の注意点に関してお話しします。

 

【個人売買の場合は注意点も増える】

個人売買の場合は、仲介業者がいない分仲介手数料はかかりませんが、様々なポイントを自分で対処する必要がある上に、トラブルが起きた際に頼れる人もいません。

 

問題になりやすいポイント

・売買契約書
売買契約書の主な目的は、後日の証拠として契約内容を残すこと、互いの合意内容を確認すること、民法の適用を除外することなどがあります。

自分たちで作成することもできますが、他者に任せることもできます。互いに取り決めておくべき事柄が抜けてしまうと、後々のトラブルのもとになってしまいます。

個人がこれらのすべてを行うには、たくさんの時間や労力がかかってしまうこともあり、完璧に抜け目なく作成するということはなかなか難しいと言われています。

 

・瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、簡単に言えば購入時には気づかなかった欠陥があった場合、売り主が買い主に対して負わねばならない責任のことです。
売り主にとっては、もちろん瑕疵担保責任はない方が良いですが、買い主は必要とするものです。

そこで瑕疵担保責任の適用期間などを決める必要があります。この話し合いが長引くと不動産の売買を完了するまでに時間がかかってしまいますし、双方が納得するまで瑕疵担保責任の内容を決定することはできません。

 

【専門家に頼るのが得策】

個人売買において、上でお話したような正確な処理をしておかないと、後々トラブルになる可能性も高くなります。
そこでおすすめするのが専門家に相談するということです。

 

・ごとう司法書士事務所に依頼するメリット

不動産を売却する際には、相続や債務整理などの関係で司法書士に依頼し、不動産の売却については不動産会社に相談する方がいらっしゃいますが、司法書士と不動産会社との両方に依頼するとなれば、二度手間になってしまいます。

 

しかし、ごとう司法書士事務所では、不動産売買を行う事業会社の経営も行っているため、これらの業務を一貫して行うことができます。

そのため、名古屋で多くの方の不動産のご相談を承っているという実績もあります。

個人での不動産の売却をお考えの方は、一度注意点への対処法があるかを考えてみてください。個人で売買を行うことに不安を感じたら、ごとう司法書士事務所にお気軽にご相談ください。

 

名古屋市で相続不動産の売却、登記名義の変更ならごとう相続手続き相談センター

個人で不動産を売買する際の注意点とは!|名古屋市の司法書士がお教えします!

個人で不動産を売買する際の注意点とは!|名古屋市の司法書士がお教えします!

 

多くの人にとって不動産の売買は人生の中で重大な決断だと言っても過言ではないでしょう。
ほとんどの人が不動産に関して初心者ですが、不動産を売買する際には、複雑な書類や手続きを行う必要があります。
また、扱う金額が大きくなっていくと、手続きを行うプレッシャーも大きいですよね。
しかし、これらはあらかじめ気を付けるべきことを知っておくだけで、ある程度解消されるのです。
今回は、個人で不動産を売買する際の注意点についてご紹介します。

 

・不動産の個人売買でよく起こるトラブル

皆さんは不動産の個人売買で起こるトラブルに何があるかご存知でしょうか?
様々なトラブルが起こりますが、それらは大きく分けると3つのトラブルに分類することができます。
それは、「当事者に関するトラブル」、「目的物に関するトラブル」、「契約内容に関するトラブル」です。

それぞれ例を挙げて説明していきます。

 

まずは、当事者に関するトラブルについてです。
不動産の売買を行うには、不動産の所有者の意思が必要となります。
しかし、高齢化の進んでいる現代日本では、不動産の所有者が寝たきり状態で意思表示できない場合もあるのです。
先ほども述べたように高齢化社会である日本では、こういった問題が増加傾向にあります。

 

続いて、目的物に関するトラブルについてです。
これは建築中のマンションを購入した場合などに起こります。
竣工後に実際見てみるとイメージとかけ離れているという、購入者と販売者との間で起こるトラブルです。

 

最後に、契約内容に関するトラブルについてです。

契約内容に関するトラブルは、契約書に明記された期日までに代金を支払わないといったトラブルが挙げられます。

これら3つのトラブルについては、あらかじめしっかりとチェックするようにしましょう。

 

・不動産の売り主には瑕疵担保責任がある!
皆さんは、瑕疵担保責任制度という言葉をご存知でしょうか?
先ほどご紹介した中の、目的物に関するトラブルに関係してきます。

 

瑕疵担保責任制度とは、不動産の引渡し後に、売り主も気が付かなかった隠れた瑕疵が見つかった場合の制度です。

この制度では、買主が売主に補修請求したり、損害賠償請求したりすることができるというものです。

瑕疵の程度が著しい場合には、売買契約そのものを解除できることもあります。

 

 


今回は、個人で不動産を売買する際の注意点についてご紹介しました。
個人で不動産を売買することで、仲介手数料を節約できるというメリットがあります。
しかし、後々トラブルとなって、より高額の費用が必要となることもあります。
どちらがいいとは一概に言い切れない問題ですので、ご自身に合うのはどちらなのかをぜひ一度お考えください。

 

名古屋で不動産の売却、相続手続き、不動産名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。