名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続した不動産の管理や相続登記をする期限について

相続に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

相続した不動産の管理方法を教えて!名古屋市の司法書士がご解説

相続した不動産の管理方法を教えて!名古屋市の司法書士がご解説

 

もし、不動産を相続したならば、その不動産の管理方法について知っておかなければなりません。

ですが、何をどのように管理したらいいのか司法書士などの専門家でなければわからないですよね。

 

今回は不動産相続の管理方法や手順についてご紹介します。

 

 

不動産相続について

不動産の管理をお話しする前に、不動産の相続について簡単にご説明します。

不動産を相続することになった際、相続登記という手続きをおこないましょう。

これは不動産の名義を被相続人から相続者に変更する手続きです。相続登記は義務付けられていませんが、この手続きを行わないと法的に相続したことにならないため不動産の売却も行えません。相続登記を行って初めて相続が正式に完了したといえます。

相続した不動産を管理する段階に入る前に、まずはこの相続登記を済ませることを念頭に置いておくと良いでしょう。

 

 

相続した不動産を管理する

不動産の相続について、基本的な知識を抑えた上で、次は管理方法について見ていきましょう。

相続した不動産の管理方法は、1つだけではありません。

相続者が不動産をどのように使用・活用するかによって管理方法は大きく変わりますが、ここではその中の2つをご紹介します。

 

*不動産を売却する

不動産を管理するには、高額な管理費がかかります。

そのため、管理しない、つまり相続後にその不動産を手放す方も大勢いらっしゃいます。

不動産会社と契約し、査定などの調査が終了した後に購買者を募ることで売却します。

この際に注意すべき点は、信頼できる不動産会社に依頼しなければならないということです。

利益を上げるためできるだけ安く不動産を買いたいと考える不動産会社は、査定後の見積もりの際に安い価格を提案します。

相場を知らなければもっと高額で売れた不動産も安価で取引してしまいますので、注意しましょう。

また、状態のよい物件が高値で取引されます。不動産会社に売却する前に相続した不動産に不備がないか確認し、余裕があれば修理を行うとより高額な買取価格が期待できます。

 

 

*賃貸物件として使用する

相続した不動産を賃貸物件として使用することもできます。

立地条件などにより賃貸収入が見込める場合には、この方法を取るメリットも高いと考えられます。

ただし、相続した不動産を賃貸物件にするには、その物件が魅力的に見えるようにしなければいけません。建物のリフォームやリノベーション、クリーニングなどによって整備します。これらには費用がかかりますので、貸し出す前に必要な資金を確保できる状態にある場合、この方法を検討するのも良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は不動産相続について、その手続きや管理方法についてご紹介しました。

不動産の利用、管理方法は様々ですが、売却するには手続きが必要です。

不動産売却のために、相続登記をお考えの際は専門家である司法書士に書類作成を依頼すると手続きがスムーズに進行するでしょう。

お困りの際はごとう司法書士事務所までご連絡ください。

 

 名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

不動産相続の手続きはいつまでにやるの?名古屋市の司法書士が解説

不動産相続の手続きはいつまでにやるの?名古屋市の司法書士が解説

 

不動産を相続することになった場合、その手続きはいつまでに済ませればいいの?

という疑問をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。

相続に関する知識がなければ、その手続きに必要な期間や、手続きの期限がわからず不安になるのではないでしょうか。

 

今回はそんな方向けに、不動産相続手続きの期間についてお伝えします。

 

 

不動産の相続|いつまでにやる?

何らかの遺産を相続する場合、その手続きを終えるまでに期間が設けられているものが多くあります。

不動産もその1つ・・・と思われがちですが、実は不動産相続の期間は決められていないということをご存じでしょうか。

相続の手続きとして、「不動産の所有権移転登記」があります。

相続登記と呼ばれる手続きであり、被相続人名義の不動産を、相続者の名義に変更することを意味します。

不動産を相続することになった場合に、この登記を済ませるという手順を踏むことで最終的に相続が完了したといえます。

先ほど不動産の相続には期間が決まっていないと述べましたが、それはこの相続登記には期間がないということを指します。

 

ですが、この相続登記という手順を踏まないという選択には多くのデメリットがあるのです。

 

※所有権移転登記

一般的に名義変更として知られている言葉の正式名称です。

 

 

相続登記を行わないことによるデメリット

相続登記を行わないと、どういったことが起こるのでしょうか。

デメリットを2つご紹介します。

 

*他の相続人による相続登記

不動産を相続する際に、自分の他にも相続人がいた場合、自分の知らないうちにその相続人に相続登記をされてしまう可能性があります。

相続者が自分と決定していても、相続登記を済ませるまでその不動産は相続権のある人全員で共有している状態です。

共有状態にある際には、他の相続人が勝手に登記したりその不動産を売却したりする可能性も否定できません。

 

*不動産の管理が不可能

不動産の相続後は、その不動産をどのように管理するのかは相続人に決定権があります。

ですが、相続登記を済ませていない場合、名義が変更できていないため、不動産を活用しようとしてもできないという状況に陥ってしまいます。

相続した不動産を賃貸物件として使用する場合などにおいては、なおさら早く所有権移転登記をしなければなりません。

 

 

まとめ

今回は、不動産の相続手続きについて、その期間や行わないことに対するデメリットをご紹介しました。

例としてあげたデメリット2つのように、相続登記という手続きを行わなければ様々なトラブルが起こることが想定されます。

そのため、できるだけ早く相続登記の手続きに取りかかれるようにすると良いでしょう。

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。