名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

代襲相続のお話

代襲相続とは?

法定相続人として子や兄弟が予定されている時、何らかの事情で被相続人より先に亡くなってしまうケースがあります。その場合、相続人はどうなるのでしょうか?

このような場合、「子」や「兄弟」に代わって、「子」や「兄弟」の子が代わりに相続人になることを代襲相続(だいしゅうそうぞく)と呼びます。

被相続人にとって孫などにあたる人を指します。

子の代襲相続の場合は何代も下に続きますが、兄弟の代襲相続は一代限りです。甥や姪の子には代襲相続は及びません。なお、代襲相続は、相続人が子と兄弟の時のみ適用されます。相続人父母や配偶者についての代襲相続はありません。

代襲相続人の相続分は、本来の相続人と同じになります。

また、似たケースとして、数次相続(すうじそうぞく)があります。

数次相続とは、被相続人の相続開始後、相続人が亡くなってしまい相続が開始する状態のことを指します。
2つの相続が、順番に起こった場合です。代襲相続とは亡くなる順番が逆になりますので、区別しましょう。

数次相続の多く場合は、最初の相続開始後、しばらく遺産分割協議をしない状態を続けていると、いざ遺産分割協議をしようと思ったときには相続人の誰かに相続が開始してしまう場合です。兄弟が相続人になる場合は、被相続人と年齢が近いことも多く、数次相続が起こりやすいと言えます。

最終的に相続人全員の了解が得られれば手続きは可能ですが、煩雑にはなってしまいますのでひとつのご相続はその相続人で解決しておくとよいでしょう。

なお、数次相続の場合は、2つ目の相続は普通に法定相続人が権利を承継しますので、配偶者がいれば必ず配偶者は相続人となります。つまり、代襲相続とは相続人が誰になるのか異なりますので注意が必要です。
 

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。