名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

気をつけたい相続時のトラブル

相続トラブル事例集

相続にはトラブルがつきものです。これまでの当センターで取り扱った事例から、いくつかのトラブル事例をご紹介いたします。事例を参考にして、ご自身のご相続の参考にしてみて下さい。

相続トラブルは誰も得をしません。人が亡くなってケンカになってしまうのはとても残念なことですので、十分注意するようにしましょう。

相続人の家族が遺産分割に参加したケース

【概要】

お父様が亡くなり(お母さんは先に他界されています)、相続人として長男、長女、二女の方がいました。最初は、兄弟が協力して葬儀等を行い、問題はありませんでした。

ところが、いざ遺産分割の場面になると、長男夫婦が最後にお父様の介護やお世話をしていたのですが、長男の奥様が当然お父様の財産は自分たちのものであるかのような立ち振る舞いをしてしまい、それが、長女と二女に不信感や不満を生じさせてしまいました。

嫁いでいた長女と二女は、特に遺産について要らないと思っていたようでしたが、長男の奥様の態度に怒ってしまい、法定相続分は私たちのものだと言い始めたのです。

長男は、奥様と長女、二女の板挟みにあい、どうすればよいかわからず、専門家に相談をしました。

【アドバイス】
相続においては、相続人以外の方は基本的には関わらない方がうまくいくことが多いと思います。ご相続はその家のご家族の問題でありますので、積極的に関与してしまうとそれを快く思わない相続人と対立してしまいます。生前お父様の介護やお世話をして大変苦労をされたことは事実でしょうが、その伝え方には配慮が必要だったかもしれません。

相続人の間で一度疑心暗鬼の状態が生まれると、なかなか当事者だけではうまく話がまとまりません。いくらいいことを言ってもお互いに信用できなくなるからです。自分だけ得するようにしているのではないか、そんな気持ちを持ってしまうのです。

この状態では一度専門家へ相談をするか、遺産分割調停等で強制的に解決を図るしかありません。最初から専門家を入れていれば、相続人がお互いに疑心暗鬼にならずに進んだ可能性もあります。専門家への依頼は、単に自分たちではできない手続きをやってもらうだけではなく、公平中立に相続手続きを進める方法でもあるのです。そうすれば、長女や二女の方は、当初の思いのまま長男が財産とともに家系を承継していくことに賛成したのではないでしょうか。
 

被相続人に前妻の子がいたケース

【概要】

亡くなったお父様は再婚でした。先妻の子がいることはなとなく聞いていましたが、名前も住所も全く知りませんでした。今回は、妻と子2人と先妻の子1人が相続人でした。

戸籍上から先妻の子が生きていることが判明しました。ただし、お父様と長い時間を共有し、最後にいたのは自分たち家族だったので、当然財産は自分たちのものだと思っていました。

そこで、住所に手紙を出して遺産分割協議書に実印を押して、印鑑証明書をつけて送り返すように伝えました。

しかし、一向に返信はありませんでした。不審に思ったため、2度、3度と催促の手紙を出しましたが、一向に返事がありません。そこで、住所地に行き、どうなっているのか確かめることにしました。ところが、先方は会うなり「法定相続分を主張し、それが嫌なら遺産分割協議には応じない」と言ったのです。

予想外の展開で妻と子供たちはどうしたらいいのかわからずにいました。

【アドバイス】

今回の先妻の子や疎遠の相続人など、ほとんど面識のない相続人に手続きの協力を頼む場合には細心の注意が必要です。たとえ、先方に相続を放棄する気持ちがあっても、高圧的な言い方や指示を出すようなやり方としてしまうと、話がこじれてしまいます。相手も人間です。感情がありますので、最低限の配慮は必要でしょう。

こういったケースでは、印鑑証明書等の取得など相手に手間をかけさせることを忘れてはいけません。「何でいきなり連絡してきて、偉そうに命令するの」と思われるかもしれません。相手の現在の境遇、生活環境や性格などがわからない場合は特に注意しましょう。最初の接触を間違うとうまくいきません。逆に最初の接触で悪い印象を与えなければ、上手くいく確率がかなり高まります。

どのように進めればよいかは、遺産分割手続きの経験がある専門家へ相談をしましょう。手紙の出し方や話の持っていき方など、交渉をするつもりで用意周到に準備をして臨むべきです。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。