名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

遺言書がある場合の相続分の考え方

遺言書があった時、相続人の相続分はどうなるのか

遺言書があった時、もともと相続予定であった相続人たちの法定相続分はいったいどうなってしまうのでしょうか?この場合、遺言書が優先されます。

ただし、相続人に最低限保証されている相続分に「遺留分」というものがあります。この遺留分の権利を行使すれば、いくらかの相続分は確保できる形になります。
※遺留分は以下をご参照下さい。

また、遺言があった場合でも相続人全員の合意で遺産分割協議としてやり直すことができる場合があります。

とはいっても、亡くなる時に自分の財産を誰にどれだけ渡すのかを元気なうちに決めるために遺言は有効な手段であることに変わりありません。

 

遺留分

遺留分の権利を有する者とその割合は以下のとおりです。

なお、兄弟姉妹には遺留分がありません。配偶者、子、直系尊属のみに認められています。したがって、推定相続人が兄弟姉妹の場合は、遺言さえ残せば、自分の思い通りの遺言内容の執行が可能となるのです。しかし、作成した遺言が無効であったりすると、法定相続人である兄弟姉妹が相続する形になります。

遺留分を有する者とその割合
相続パターン 配偶者 直系尊属   遺留分
× ×   2分の1
×   配偶者と子全員で2分の1
×   配偶者と直系尊属で2分の1
× ×   子全員で2分の1
× ×   直系尊属全員で3分の1

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。