名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

司法書士によるご相続のお役立ち情報

相続に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

不動産は未成年でも相続できるの?注意すべきポイントまで解説!

不動産は未成年でも相続できるの?注意すべきポイントまで解説!

 

不動産の相続は、未成年ではできないと思っている人も多いのではないでしょうか。

実際には、父親が早くに亡くなった場合など、未成年であっても相続人になることは珍しくはありません。

「万が一の時のために、子供に相続について説明しておきたいけど、未成年でも相続はできるんだろうか」とお悩みの方へ向けて、今回は相続人が未成年であった場合についてお伝えします。

 

未成年でも相続の権利はある

未成年でも相続の権利は保証されています。

権利はあるのですが、相続人となるときに大人と同じ判断をすることが難しく、対等な話し合いはなかなかできないでしょう。

未成年者のみで法律行為は行えませんので、法定代理人の同意を得る必要があります。

基本的には親を含めた親権者が行うのですが、相続の場合は親権者を法定代理人にすることができません。

なぜかといえば、親権者であっても同じ利益を得られるわけではないからです。

このような場合には法定代理人ではなく、特別代理人を選任することを請求できます。

選任したいときは、対象の子供が居住している住所にある家庭裁判所で申し立てをすることになります。

子供が複数いるときにも、特別代理人に依頼をする必要があります。

 

選任するときは対象の子供の戸籍謄本や、親権者あるいは後見人の戸籍謄本、特別代理人候補の住民票と代理人が必要であると示すための資料がなければいけません。

利益を保護するためには、利害関係を持たない人の中で最適と考えられる人を選ぶようにしましょう。

もし法定の通りの名義変更を行う場合や、代襲であるなど親子での遺産分割協議をすることがなければ、特にこのような代理人を選ぶ必要はありません。

特別代理人の申し立ては平日しか行えませんので、仕事などの都合で行けないときは司法書士や弁護士に依頼するのも一つの方法です。

不動産を受け取るのが成人でないときは、税の計算をする場合に規定の控除の適用を受けることができます。

対象者が20歳になるまでの養育費を、遺産から支払うべきだという考えのもとで減額が行われます。

控除額の算定方法は、満20歳になるまでの年数に10万円をかけた額が控除の適用分とされています。

 

成年に達していない人が不動産を受け取る場合には、代理人を選ぶ手間が増えてしまいますが、まだ未熟な子供を守るための制度となっています。

相続に関する事項は、とても複雑でより専門性が求められることになります。

大人でもあまりよくわからないことがあるので、未成年者が相続人となる場合には、その子の権利をきちんと守るためにも専門家の知識を借りたり、事前に遺言に詳細を記載したりすることをおすすめします。

 

まとめ

今回は未成年者の相続についてご紹介しました。

成人していない子供の権利を守るのは大人の役目です。

きちんとした相続に関する知識を持って、子供が相続を行えるように配慮することが大切です。

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

不動産相続するなら絶対に知っておくべきこと4

不動産相続するなら絶対に知っておくべきこと4

 

土地や建物の不動産を相続したときには、名義変更が必要になります。

関係者の同意が得られれば特に問題はありません。

遺産分割協議書を作成して法務局に戸籍謄本に必要書類を添付すれば、円満に手続きは完了します。

しかしすべての場合において円滑に進むとは限りません。

そこで不動産を相続するときに知っておくべき、4つのポイントを御紹介します。

 

不動産の相続で知っておくべきこと4

*誰が何の名義人になるのか

まず関係者の誰がどの物件の名義人になるのかを明確にする点です。

当初は何もいらないと話していたにもかかわらず、後日態度を翻意させて異議を唱えてくる場合があるからです。

これが「争族」の端緒になるわけですが、関係当事者の真意はどこにあるのか、率直に話し合うことが必要です。

名義はいらないけれど、金銭は欲しいというなら代償金をいくらか取得するなどのケアをすることが円満な話し合いには必要です。

 

遺言があるかどうか

次に注意するべきなのは、遺言書の存在です。

遺言には幾つかの種類がありますが、特に揉め事に繋がりやすいのは「自筆証書遺言」です。

手軽に作成できるので故人が後の世代のことを思って作成することが多いわけですが、様式が厳格に定められているので、しばしば有効性が問題になります。

またその前段階として裁判所で検認と言う、証拠保全手続きを踏む必要があります。

遺品整理の際に発見されることもしばしばありますが、内容に不満があるからと隠匿したり破棄したりすると、相続権を喪失することになるので取扱にはくれぐれも注意を払う必要があります。

 

把握していない相続人の存在の有無

そして故人が離婚した経験があったり、結婚前に婚外子を設けていた場合です。

このような経緯は除籍類などを参照することで初めて発覚する場合もあり、まったく面識のない人間も交えて遺産分割協議を行なう必要に迫られる事態もあります。

デリケートな側面があるので、交渉には細心の注意を払うべきです。

故人が資産家だった場合には、それなりの金銭などを渡すことも覚悟する可能性もあります。

 

把握していない遺産があるかどうか

そして最後に留意するべきなのは、故人の遺産の全容を把握しておくことです。

例えば、全く知らない土地に相続できる不動産があったり、知らない間にどこかの土地を故人が購入していたりすると、遺産がどれだけあるのか把握するのが大変です。

また、預貯金や有価証券になると、必ずしも把握するのが簡単にはいかない場合があります。

最近特に問題になっているのは、いわゆる「デジタル遺産」です。

故人が生前株取引やFXなどを行なっていた場合、ネット銀行などにポジションを保有したままになっている場合もあるからです。

ログインパスワードなどを秘密にしたまま物故すると、事後の処理に難渋することになります。

生前からパスワードや口座番号が把握できるように、きちんと書類にまとめておくなど配慮することも必要です。

 

まとめ

今回は不動産の相続で知っておくべきことについてご紹介しました。

お伝えした内容を事前に少しでも目にしておくと、いざ相続をする時に少しでも「ああ、そう言えばこんなことが書いてあったな」と参考になるのではないでしょうか。

少しでもそのように役立つような情報をお伝えできたなら幸いです。

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。