名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続放棄という選択

相続は、相続人の意思とは関係なく開始します。相続開始を知っていてもいなくでも同じです。相続はいいことばかりではありません。債務も承継します。また、不動産や動産の所有権を取得すると、所有者としての責任も伴います。

ここでは、相続人にならない方法として、「相続放棄」という手続きをご紹介いたします。

相続放棄とは

ご相続の場面で、「私は相続を放棄するから遺産はいりません」といった表現で会話がなされることがあります。遺産分割の場面での遺産を放棄するという意味での「相続放棄」はここでいう「相続放棄」ではありません。

以下に述べる、法的に相続人にならないという意味での相続放棄は一定の期間内において、家庭裁判所に申し立ての手続きを行う必要があります。

相続放棄の利用例としては、被相続人に財産がほとんどなく、多額の借金だけがある場合です。

相続放棄の効果

民法第939条(相続の放棄の効力)
「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」

法律では、上記のとおり定められています。相続をするか否かの3カ月間の熟慮期間内に選択をすることができるのです。​

原則、3カ月以内に相続放棄の手続きをすれば、相続人ではありませんから財産も債務もすべて承継しません。相続と無関係になります。その場合は、次順位の者が相続人になります。最後に相続人がいなくなれば、財産は国庫に帰属します。

相続放棄ができる時期

【原則】

被相続人が亡くなってから、3カ月以内に家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

相続開始前に相続放棄をすることはできません。法律上の規定がないため、生前に家庭裁判所で手続することもできません。また、相続放棄の契約をすることもできないと解されています。

【例外】

相続財産が複雑な場合や多額の場合、3カ月という期間では不十分な場合があります。その場合、この3カ月の期間を伸長することを家庭裁判所に申し立てをすることができます。ただし、この期間伸長の申立ては、自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内にする必要があります。

ここでいう「自己のために相続の開始があったことを知った時」とは、原則として、相続人が相続開始の原因となる事実及び自己が相続人となったことを覚知した時とされています。つまり、単純に相続が開始した事実を知っただけではない点に注意が必要です。相続が開始していても、相続順位を把握していないためにわからなかった場合は該当しない可能性があります。

民法第915条(相続の承認又は放棄をすべき期間)
「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。」

相続放棄の注意点

相続放棄に関して、その他注意点を解説します。

  • 1
    相続放棄は単独で行える

相続放棄は、各相続人が単独で行う行為です。相続人が全員そろって行う必要はありません。各相続人が各自検討をして行います。

  • 2
    相続放棄の撤回はできない

一旦、相続放棄をした者が、相続放棄の意思を撤回することはできません。法的安定性を欠きますので、そのような取り扱いになっています。

  • 3
    相続財産の一部についての相続放棄はできない

個別の財産や債務について、相続の承認や相続放棄をすることはできません。限定承認をしない限り、全部相続するか、全部相続しないかになります。

  • 4
    相続人が相続放棄しないで死亡したとき

ある相続人が相続放棄をしないうちに死亡した場合どうなるのでしょうか?数次相続が起こった場合です。この場合を「再転相続」と呼びます。

例えば、被相続人Aの相続人Bが相続放棄をしないで死亡した場合のBの相続人Cについて考えてみましょう。

この場合、相続人Cは二つの相続に関して承認するか放棄するかの選択ができます。被相続人Aに関するものと被相続人Bに関するものです。ここで問題となっている被相続人Aの相続に関しての相続放棄ですが、この時の3箇月の期間の起算点は、相続人CがBの死亡によって被相続人Aの相続人となったことを知ったときです。被相続人Aの死亡の事実を知っていたか否かは直接関係ありません。

なお、この場合に相続放棄を家庭裁判所へ申立てする場合、被相続人Aと被相続人Bの相続のいずれの相続を放棄するかを明確にして申し立てを行う必要があります。

  • 5
    相続放棄がされたことを調べたいとき

相続放棄の有無を知りたい場合、利害関係を疎明した第三者は、相続放棄がされた家庭裁判所に対して「相続放棄や限定承認の申述の有無についての照会申請」ができます。これで相続放棄の有無を確認します。

もし相続放棄がされると、次順位の相続人になる人にとって、相続放棄がされているか否かは重要なポイントになります。相続放棄がされているということは、相続したくない理由(多額の借金があるなど)がありますから、自分も相続放棄をする可能性が高いからです。しかも、相続放棄には3カ月の期間制限があります。

また、他の共同相続人や債権者にとっても同様に重要なことになります。相続放棄によって、残された相続人は相続分や債務の承継分が変わってきます。債権者にとっては、債務の帰属先がわからないと誰に請求をして良いのかわかりません。

そこで、次順位の相続人、共同相続人や債権者などは、利害関係人として相続放棄申述の有無の照会をすることができるのです。

ちなみに、相続放棄をした相続人本人も、「相続放棄申述受理証明書」といって、自己の相続放棄をした事実を証する書面を同様の申請で取得することができます。不動産の相続手続きでもこの「相続放棄申述受理証明書」は使用します。例えば、相続人に相続放棄をした者がいるケースで遺産分割協議をするとき、誰が相続人になるのかを証明する必要があるためです。なぜなら、遺産分割協議は相続人全員で行わなければ無効になるからです。

このように各相続手続きでも「相続放棄申述受理証明書」は使用することがあります。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。