名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

複雑な兄弟姉妹関係のご相続のお話

相続人に異母兄弟や異父兄弟がいる場合

兄弟姉妹が相続人となる場合、注意すべき点があります。父が再婚等で前妻の子供などがいる場合です。夫婦関係は離婚で関係性はなくなりますが親子の関係は続きます。

このような場合、実は前妻の子には異母兄弟としての相続権があるのです。ただし、民法では、「父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。」として、父母が同じ兄弟と父又は母を異にする兄弟では相続分を区別しています。後妻の子に相続が開始した場合、前妻の子は後妻の子の半分の相続権がある形になります。具体的には、兄弟姉妹だけが相続人となる場合で、被相続人が後妻の子Aで、相続人は後妻の子B、前妻の子Cとすると、相続分は、Bは3分の2、Cは3分の1となります。

法定相続分の計算が少しややこしくなりますが、しっかりと自分の権利を確認するようにしましょう。相続権の順位が一番最後の兄弟姉妹が相続人となる場合、父母が異なる兄弟姉妹がいることがありますので注意が必要です。最終的にこれら異母兄弟等は、戸籍上で調べることで判明します。被相続人の出生から死亡までの戸籍を調べるうちに聞いたことがない兄弟姉妹が明らかになることもまれにあります。テレビドラマのような世界かもしれませんが、実際にそのようなケースもございます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。