名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

司法書士によるご相続のお役立ち情報

相続に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

不動産の土地を相続するなら権利証が必要かも!その理由とは?

不動産の土地を相続するなら権利証が必要かも!その理由とは?

 

実家の親が亡くなった場合に、遺産のなかに土地を含めた不動産があるとします。

その際には相続登記を申請して、名義変更を行なうことが必要です。

その名義変更を行うには、亡くなった方の戸籍謄本や除籍謄本などの戸籍類のほかに、権利証も必要になるときがあります。

相続登記の際に必ず必要とされる書類の中に権利証は含まれていません。

そのため、紛失しても再発行することが難しい権利証をなくしてもあわてる必要はありませんが、実は相続登記のときに必要になるケースもあります。

そこで今回は、どうして権利証が必要になるのかその理由や意義についてご紹介します。

 

そもそも権利証ってなに?

そもそも権利証とは、正式には登記済み証と呼ばれているものです。

当事者の氏名や住所のほかに不動産物件が末尾に記載されている書面で、末尾に管轄法務局の登記官の朱印が押印されています。

登記済み証を参照すれば故人が所有していた物件を確定することができるので、遺産の全容を把握するための基礎資料の一つとして活用することができます。

特に別荘地や遠隔地などに物件を所有している場合、遺族が把握していない場合があります。

そのようなときには、権利証の記載を手がかりに名義変更するべき物件の調査に役立てることができます。

 

相続の際に権利証が必要な理由

相続によって名義変更をする場合に、権利証が必要になる場合があります。

法律的には人が亡くなった時点で、その人に帰属している遺産の所有権は配偶者や子供や親族に帰属します。

そのため登記済み証はその時点で権利を表象する機能はなくなっていますが、名義を変えるときに必要不可欠になります。

特に亡くなった方が生前に住所の変遷を繰り返していたような場合には注意が必要です。

相続登記を申請する際には、登記名義人と戸籍などで証明された人とが同一人であることを証明しなくてはなりません。

 

住所の変遷の事実は、戸籍の附票を参照すれば把握することができます。

しかし本籍も転籍を繰り返していたりすると、附票の保存期間は5年なので、証明が難しく、この手法が利用できないことがあります。

つまりこのときは住民票や除票を探索して、生前置いていた住所の把握を試みますが、市役所は5年を過ぎた住所記録は破棄することになっています。

その結果、登記簿上に記載されている住所にたしかに居住していたのか否かについての、客観的証拠を取得できない事態があり得ます。

しかし権利証には少なくとも登記をした当時の住所が記載されています。

 

つまり、戸籍類や住民票では登記簿上の住所に住所地をおいていたことは証明できない状況で、権利証があればそれを証明できるということです。

登記済み証の記載と一致すれば名義人の同一性が証明されたものとして、法務局でも相続登記を実行することが可能になります。

ただし、権利証以外にも、公課証明書など、管轄法務局によって必要な書類が異なることがあります。

 

まとめ

今回は不動産の土地を相続するなら権利証が必要であるとお伝えしました。

少しでも内容をわかりやすくお伝えできましたか?

この記事が不動産を相続する際の手助けになれば幸いです。

 

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

不動産相続にありがちなトラブルとは?対処法はある?

不動産相続にありがちなトラブルとは?対処法はある?

 

不動産相続にトラブルが生じるケースは決して稀ではありません。

故人に大した遺産はないと考えていても、蓋を開ければ他の相続人ともめてしまうこともしばしばあります。

一体どのような場面で問題が生じやすいのでしょうか。

今回は不動産の相続においてありがちなトラブルをご紹介すると共に、その対処法をお伝えします。

 

ありがちなトラブルの例

まず多いのが不動産が主な相続財産で、他に金銭や動産が少ないという事例です。

建物や土地を承継する際に、相続人が複数の場合はうまく割り当てるのが難しいことがあります。不動産は分割すると価値が大幅に減る可能性がありますから、誰か一人が引き取って他の人には金銭を分配する、というような解決手段を考えることが必要です。

また、不動産を第三者に売ってしまうのも選択肢として考えられます。

しかしながら、不動産をお金に変えて分配するには相続人全員の意見が一致する必要があるので、あらかじめきちんと話し合っておくことが大切です。

 

家や土地に関するトラブルでは、所有者のお子さんや配偶者がすでに暮らしているケースは少なくありません。

たとえばお子さんや配偶者以外の人に不動産の相続権があったとします。

場合によってはお子さんや配偶者が「血縁関係のある自分のものだ」と強固に所有を主張するかもしれません。

遺産の相続に誰かが納得がいかない場合、こうした所有権についてのトラブルが発生してしまいます。

このような事態になると、最終的には司法制度を利用することになる可能性が高いです。

しかしながら、できれば遺産分割の話し合いで解決したほうが好ましいと言えます。

 

他にも寄与分があるから家を明け渡さないとか、遺産分割が終わった後から相続人が現れて紛争になったとか、不動産に限らず相続には色々な問題が生じるものです。

このようなトラブルは、ある程度は事前に避ける手段があるので、予めトラブルを予想して考えておくのがおすすめです。

 

個人間でトラブルを解消するのは難しい?

不動産の相続に関するトラブルはたくさんありますが、そのどれもが個人間で解決するのは簡単ではありません。

「骨肉の争い」という言葉があるように、どれだけ血縁が濃くても、相続においては揉めてしまうことが多いです。

仮に話し合いでなんとか相続問題を解決したとしても、きちんとその約束が守られなかったり、後になって問題を蒸し返されたりするかもしれません。

そこでおすすめすることは、専門家の手助けを借りることです。

特に不動産の登記の移転について揉めている場合は、司法書士に相談をしてみるといいアドバイスをもらえるかもしれません。

第三者に間に入ってもらうことは、不動産相続のトラブルにおいては最も効果的な解決方法ではないでしょうか。

 

まとめ

今回は不動産の相続についてよくあるトラブルとその対処法についてご紹介しました。

少しでも役立つ情報をお伝えできたなら幸いです。

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。