名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続放棄後の遺産管理や空き家・空き地の活用について

相続に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

相続した不動産を相続放棄した後の管理方法について|名古屋市の司法書士事務所が解説

相続した不動産を相続放棄した後の管理方法について|名古屋市の司法書士事務所が解説

 

「不動産を相続放棄したいけど、放棄した後の不動産の管理ってどうすればいいんだろう」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
相続は常に得をするわけではありません。
時には損を被ってしまう可能性もあります。
そのため、中には相続放棄を考えられる方もいらっしゃいます。
しかし、もし相続人全員が相続放棄した場合、その不動産はどうなってしまうのでしょうか。

この記事では、相続人全員が相続を放棄した場合や元から相続人がいない場合、不動産のような遺産はどのように管理すればいいのか、その方法について解説します。

相続財産管理人という解決策
遺産は、誰も相続しなければ放っておいていいというわけではありません。
最終的には国のものとなりますが、それまでは誰かが管理する必要があります。
上記のように相続人全員が相続放棄した場合や、相続人が一人もおらず遺言もなかった場合、相続財産管理人の選定という解決策があります。
相続財産管理人とは、国に相続財産が帰属されるまでの手続きを代行する人のことを指します。
相続財産管理人の選定は、利害関係者または検察官の申し立てによって家庭裁判所で行われます。

具体的な相続財産管理人の選定を必要とする例
*相続放棄したが、財産管理している場合
相続人全員が相続を拒否した場合でも遺産の管理義務は残ります。
この場合、相続財産管理人の選定が必要です。
国に相続財産が帰属されるまで、自分の財産と同じ注意義務をもって管理する義務を負うことになるのです。

*債権がある
相続人が全員放棄した遺産の中に、他の人からの債権が存在していた場合、その債権者より相続財産管理人の選定の申し立てが行われることがあります。
この場合には、相続財産管理人を選定し財産管理が始まった後、債権者に支払いを行う必要性が出てきます。

*特別縁故者
被相続人に法定相続人になることのできる親族が全くいなかった場合、特別縁故者を相続財産管理人にする場合があります。
特別縁故者には、内縁の配偶者や介護を献身的に行っていた人などが当たります。
例えば何年にも渡って介護をし続けた人がいたなら、その人が特別縁故者とみなされるかもしれません。

まとめ
今回は、相続人全員が相続放棄した場合や元から相続人がいない場合、不動産を含む遺産をどのように管理すればいいのかについて説明しました。
遺産は、場合によっては誰かが管理を義務的に行わなければいけません。
そうならないためには、遺言の準備であったり、養子縁組を行ったりと事前の準備が必要です。
後々トラブルにならないように、可能であれば被相続人の立場になる方が存命の間に、遺産の管理について検討しましょう。

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

相続した不動産の空き家を活用する方法について|名古屋市の司法書士事務所が解説

相続した不動産の空き家を活用する方法について|名古屋市の司法書士事務所が解説

 

「せっかく不動産を相続したものの、今のままではただの空き家になってしまう。家は持っているから必要ないし、何か活用法ないかなぁ
このような悩みを抱えている方はいらっしゃらないでしょうか。
不動産を相続したものの、アパートやマンション、商業施設ではなく、空き家だった場合、どのように活用すればいいのか、悩んでしまいますよね。
せっかく相続した不動産ですし、どうにかして活用したいと思われるでしょう。
そこで今回の記事では、そういった悩みをお持ちの方々に向けて、空き家の活用法についてご説明します。

相続した空き家の活用法

*事業用賃貸にする
空き家を住宅としてではなく、事業用物件として貸し出しましょう。
事業の内容は、店舗や介護施設など様々です。
賃貸住宅として扱わなくても家賃収入を得ることができるので、仕組みとしては同じです。
ここで考えなければいけないのは、立地条件です。
事業用として扱う以上、収入の見込める立地にあることが条件として考えられます。
それらの条件は事業内容によって様々ですが、条件が良くない場合には借り手が見つからないこともあります。
また、店舗用として貸し出す際は内装を改装されてしまう可能性があるので、元の状態を維持したい場合には、例えば内装の変更について事前に決まりを設けてみてはいかがでしょうか。

*空き家を解体して土地を活用する
空き家を解体することによって、更地にすることができます。
更地にすることにより、駐車場やトランクルームなどと使用用途が非常に広がります。
駐車場やトランクルームは初期投資の費用を抑えることができるうえ、費用の回収もスムーズに行うことができます。
しかし、空き家の解体作業にはそれなりの費用が必要です。
また、空き家に思い入れがあって、できる限り空き家を残したい方にはおすすめいたしません。

*事業に活用する
空き家を使い、1から事業を展開することも活用法の1つです。
有名な空き家の活用方法には民泊があります。
活用されていない空き家を宿泊施設として貸し出すことで、収入を得ることができます。
ただ、宿泊施設として利用するには、旅館業法に定める防災や衛生上の一定の基準をクリアしなければなりません。
事前に民泊として活用するために必要な情報を調べておきましょう。

 

まとめ
今回は、空き家の活用方法について説明しました。
せっかく相続した不動産をそのままにしてしまうと、維持費だけで費用がかかってしまい、マイナスになってしまうかもしれません。
空き家は上手く活用できればメリットをたくさん生み出せるので、以上のような活用方法を参考に空き家を活用していただければ幸いです。

 

名古屋市で相続した不動産の空き家対策、相続登記ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。