名古屋で相続相談・相続登記なら

ごとう相続手続き相談センター

運営:ごとう司法書士事務所・株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号
TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~19:00
定休日 :土・日・祝  
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続した不動産の活用と相続した空き家の売却(税金)

相続に関する気になるトピックや情報を配信しています。ご興味のある記事がございましたら、ご参考にしてみて下さい。

相続した不動産を活用する方法について、名古屋市の司法書士事務所が解説

相続した不動産を活用する方法について、名古屋市の司法書士事務所が解説

 

「不動産を相続したけど、どのように活用していくのが良いだろう
このようなことでお困りの方はいらっしゃらないでしょうか。
「不動産をせっかく相続したものの、どのように活用していけば良いのかわからない」という方は少なくありません。
せっかく相続した不動産を空き家として放置しておくのも勿体ないですよね。
今回の記事では、不動産の活用方法でお困りの方へ向けて、名古屋の司法書士事務所が不動産の活用方法についてご説明します。

不動産の活用方法

*建物を建てて貸す
利用していない土地がある場合、土地をうまく活用する方法として賃貸物件を建てることをおすすめいたします。
賃貸物件を建てることで毎月家賃収入が入ってくるため、非常にメリットが大きいです。
もし物件の管理が煩わしければ、管理会社に任せることができます。
また、既に建物がある場合には、賃貸として貸し出すのも良いかと思います。
建物が古くなっていれば、リノベーションすることで建物を生まれ変わらせることができます。
一から建物を建てるより、初期投資を少額に抑えることができます。

*土地を貸す
建物を建てる方法は長期的な収入が見込めますが、初期投資が大きい分リスクを伴います。
それに比べると、駐車場やコインパーキング、店舗に土地を貸す方法は少額の初期投資で始めることができ、リスクをより抑えることができます。
立地が良くなかったり、景気があまりいい時期ではないと土地を利用する人が現れにくいかもしれないので、収入に保証は見込めないかと思います。

*トランクルーム経営
トランクルーム経営とは、トランクルーム業者と共同で一般の利用者にスペースを貸し出す方式の土地活用です。
駐車場経営にも言えることですが、トランクルーム経営を行う場合は、水道・ガスの工事の必要が無いので、マンションの賃貸経営と比べると、初期投資が非常に少額で済む利点があります。
しかし、コンテナは継続的に使用することで建築物としてみなされるため、固定資産税が発生します。
また、土地を住宅用地として活用する場合は税制優遇措置を受けられますが、トランクルーム経営におけるコンテナでは受けられません。

まとめ
今回は、不動産を相続した際の活用方法についてご説明しました。
少しでも活用できそうな情報をお伝えできたなら幸いです。
不動産を相続した際、そのままにしておくと維持費や税金で損をする可能性があります。
それを防ぐためにもしっかりと相続した不動産の活用を行うことをおすすめします。
もしかすると、生活を安定させることができるほどの収入を得ることができるかもしれません。
不動産を相続した際には、是非活用してみてはいかがでしょうか。

 

名古屋の不動産相続や売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

相続した空き家を売却する際の譲渡所得税について|名古屋市の司法書士事務所が解説

相続した空き家を売却する際の譲渡所得税について|名古屋市の司法書士事務所が解説

「相続した空き家を売却したいけど、その時にどんな税金がかかってくるのかな」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか。
不動産を相続する際、遠方にあるために活用の仕方がわからず、売却してしまった方が得をするとお考えになることがあります。
しかし、実は得ばかりではありません。
相続した不動産を売却する際には、時にはかなりの額を税金として払う場合があります。
今回の記事では、相続不動産を売却する際の税金についてご説明します。
少しでも参考になれば幸いです。

相続した不動産の売却時にかかる税金:譲渡所得税
譲渡所得税とは、不動産を売却した際に利益が出た場合に支払わなければならない税のことです。
この譲渡所得税は、不動産の所有期間によって変わります。
所有期間が11日の時点で5年以下の場合は短期譲渡所得税、所有期間が11日の時点で5年を超える場合は長期譲渡所得税と呼ばれます。

以下が具体的な計算方法です。

*短期譲渡所得税の場合
売却価格-(取得費用+譲渡費用)×(所得税率30%+住民税9%)

*長期譲渡所得税の場合
売却価格-(取得費用+譲渡費用)×(所得税率15%+住民税5%)

この時、取得費と譲渡費を足したものが売却価格を上回った場合には、譲渡所得税を支払う必要はありません。

譲渡所得税以外の税金
譲渡所得税以外の税金としては、印紙税が挙げられます。
印紙は不動産の売買契約書に貼ることが義務付けられているもので、印紙税は印紙を買う際に払う税金です。
印紙税は契約金額によって変動します。
契約金額が高ければ高いほど、印紙の値段も高くなります。

譲渡所得税の控除
譲渡所得税は、ある一定の要件を満たす場合、控除を受けることができます。
その例を一部紹介します。

・公共事業のために土地建物を売却した場合(控除額5000万円)
・特定土地近く整理事業のために売却した場合(控除額2000万円)
・特定住宅造成の事業のために売却した場合(控除額1500万円)

以上が、譲渡所得税の特別控除と控除額についてです。
ご紹介した控除以外にも、様々な控除が設けられています。
ご自身に当てはまる特別控除があるかもしれないので、よくお調べください。

 

まとめ
今回は、相続した不動産を売却する際にかかってくる税金についてご説明しました。
ご紹介した内容以外にも、登記の際にかかる登録免許税や、相続の際に相続税がかかる場合もあります。
相続税に関しても控除される例があるので、事前によく調べておくといいのではないでしょうか。
税金を払いそびれてしまうと、本来よりも多い金額を払うことになるかもしれません。
きちんと事前に把握しておくことをおすすめします。

 

名古屋市で相続した家や土地の売却、名義変更ならごとう相続手続き相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939
営業時間
9:00~19:00
定休日
土日祝(ただし、事前予約により相談可能)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-290-939

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。